ヨーグルト

ヨーグルトメーカー

ヨーグルトメーカー

震災後、乳酸菌が放射能汚染に良いって噂が広がりました。実際のところ放射性物質に対する効果はわからないですが、発酵食品が健康によいというのは昔からよく言われている話で、私も健康を意識して積極的にとるようにしています。

乳酸菌の発酵食品の代表格といえばヨーグルトですが、これは牛乳に種となるヨーグルトを少量混ぜて40度前後で8時間前後暖めるだけで作ることができます。(※使う牛乳やヨーグルトの種類、気温などにも左右されるので、16時間くらいかかる場合もあります。)

40度前後で保温するだけなのでシャトルシェフなどの保温調理器でも出来ますが、ヨーグルトを作るときに雑菌混入を防ぐために容器や軽量カップをお湯で殺菌をするのが少々面倒くさいという難点があります。(なお、シャトルシェフを使ったやり方は「豆乳ヨーグルト」で解説しているのでよければそちらもご覧ください。)

このように楽したいと追求した結果、よくつかうようになったのが「富士パックス販売 ヨーグルトメーカー Y-1000」です。


富士パックス販売 ヨーグルトメーカー Y-1000

これだと牛乳パックをそのままあっためることができます。種となるヨーグルト(私はドリンクタイプのプロビオヨーグルトをよくつかいます)を牛乳パックに入れてふたを閉じてシェイクして装置にセットするだけです。8時間くらいでおいしいヨーグルトができます。(※ヨーグルトの種と牛乳との相性や気温によって丸一日かかってしまうこともあります。)

健康と美容にヨーグルト によると

  • L-92乳酸菌 カルピスの「アレルケア」という製品に含まれています。アトピー性皮膚炎を改善するようです。飲料タイプと粒状タイプがあります。
  • LG21 「明治プロビオヨーグルトLG21」として売られています。ドリンクタイプと普通の食べるタイプがあります。胃潰瘍や胃がんを発生させるピロリ菌を減らす効果があります。
  • ガセリ菌SP株 皮下脂肪や内臓脂肪を減らす効果があります。「メグミルクナチュレ恵」にガセリ菌SP株が入っています。
  • BB536 「森永ビヒダスヨーグルトBB536」という製品に含まれています。好酸球の上昇を抑えるので、花粉症に効くそうです。
  • LB81 「明治ブルガリアヨーグルトLB81」という製品に含まれています。皮膚の機能を改善し、皮膚に弾力性を与え、きめが細かくなります。便秘の改善効果もあります。
  • R-1 「明治ヨーグルト R-1」 という製品に含まれています。R-1乳酸菌はNK細胞を活性化し免疫力を向上させて、インフルエンザなどの感染への予防効果があると言われます。

というように乳酸菌の効能にも種類があるようです。

種ヨーグルトとして好きな種類の乳酸菌を培養できるので、その時の気分によって色々作り分けてみるのもいいかもしれません(実際に目的の酵母が培養できているかは検証していませんが)。出来上がるヨーグルトはプルーンヨーグルトのように甘みのないヨーグルトなので、味付けも自分好みに楽しむことができます。

コストパフォーマンスですが、買う値段の半値くらいかと思います。

今回は、種ヨーグルトとして「明治プロビオヨーグルトLG21」、牛乳は私の地元でとれた「びわこ牛乳」を使いました。牛乳は放射能が心配という人もいるかと思いますが、安心できる地方ブランドの牛乳を使って色々作ってみるのもいいかもしれません。

また、ヨーグルトは牛乳だけでなく豆乳からも作れます。牛乳の放射能汚染が心配という方は豆乳ヨーグルトを作ってみては如何でしょう。豆乳ヨーグルトについては、次回のコラムにて。

発酵 の紹介

株式会社ティー・パートナーズの代表取締役をしています。株式会社ティー・パートナーズではTeaOSというWebOSの開発をしています。
カテゴリー: 未分類   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>