料理が楽しくなる調理道具

私見ですが、料理を楽しむコツの1つは、最小の労力で最大の成果を得ることだと思っています。簡単に美味い料理が出来たら料理のモチベーションも上がるし、消費するエネルギー(燃料だけでなくコストや労力という意味も含めて)が少なければ、より素晴らしい食事について気が回るようになってどんどん食事の質があがっていくと思うのです。今回は、そんな目的にぴったりなアイテムを紹介していきます。

■シャトルシェフ(保温調理器)

私が料理をしているときに一番時間を取られているのは火加減の監視だったのですが、このアイテムを使えば、火にかけて材料を色々突っ込んでお湯が沸騰したら保温容器で放置するだけで色々な調理ができます。それに調理時間短縮だけでなく安全かつエコですし、保温中はガスコンロのスペースをとられずに済むので調理スペースもすっきりします。

今ではどこでも売っているので持っている人も多いでしょうが、私がこの器具を使い始めたときは調理の手間が激減して革新的だと思いました。今では3台保有するまでになりました。


THERMOS 真空保温調理器シャトルシェフ 4.5L ステンレスブラック KBA-4501 SBK

■T-fal圧力鍋

圧力鍋の素晴らしさは調理時間の短縮とエコですね。保温調理器との違いは調理して料理が出来上がるまでの時間が短縮するのと、出来上がったときの食感がもっちりして旨みが増すところですね。例えば、電気炊飯器って高いのから安いのまで色々ありますが、圧力鍋で炊いたごはんより美味しく炊ける炊飯器ってみたことないです。ちなみに、電気炊飯器の保温ってかなり電力を食うらしいですし、節電のためにも、圧力鍋でごはんを炊くのもいいものですよ。
それと、T-falの圧力鍋には、蒸し器が付いているもののあります。私は米麹を作るときにこの蒸し器を活用していますが、とても便利ですよ。


T-fal ワンタッチ開閉圧力なべ クリプソ クレールプラス 6L P4310732

■チョイむき

料理が得意でない私にとって野菜や果物の皮むきってのは面倒くさい作業の一つなのですが、これだと、野菜や果物をセットしてハンドルをくるくる回すだけで30秒くらいで皮がむけてすごく楽です。料理が得意な人にとっては不要な長物かもしれませんが。


手動式 フルーツ皮むき機 チョイむき CP52WJ

■ほっとクック

これは調理が楽というよりはエコ商品です。例えば、圧力鍋で加圧した後に保温するといった使い方をすると、加圧時間を短くすることができる優れものです。加圧中は火加減を気にしないといけないので加圧時間はなるべく短くしたいものですし、短くするというのはエコでもあります。


ほっとクック 大

■温度計

発酵食品を作ろうと思ったときには温度管理が重要になります。慣れている人は温度計がなくても良い塩梅の温度設定が出来るのかもしれませんが、初心者が失敗無く作るのにはやっぱりあったほうが良いかと思います。

種類ですが、個人的には鍋の温度が測れる普通の温度計でいいかと思います。USBタイプの温度計もあると便利ですが。

■イージースモーカー(保温燻製器)

燻製を手軽に作ろうと思ったときに便利なのがこれ。シャトルシェフ同様、保温しながら調理をしてくれるので火を使う時間を短縮できますし、エコですね。燻製だけでなく、付属の石を使って焼き芋作りもできます。私はよくこれを使って焼き芋を作ったり、チーズの燻製を作ったりします。


THERMOS 保温燻製器 イージースモーカー ブラック RPD-13 BK

発酵 の紹介

株式会社ティー・パートナーズの代表取締役をしています。株式会社ティー・パートナーズではTeaOSというWebOSの開発をしています。
カテゴリー: 未分類   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>